脂漏性角化症とは?

脂漏性角化症になる原因

肌を気にする女性
脂漏性角化症は、加齢によって起こる肌の老化現象です。老人性イボや老人性疣贅とも言われ、40歳以上の人には必ずと言っていいくらい体のどこかに発生しています。これは皮膚の腫瘍ですが、腫瘍と言っても良性で、がん化するようなことはありません。早い人では30歳代でできることもあります。

脂漏性角化症は全身にできるもので、よくできる場所は首の周りや顔、背中などです。黒っぽいものや茶色っぽいものができるのでほくろと間違いやすいことや、見ただけでは悪性か良性か判断できないので、気になる場合は皮膚科で診察してもらうと安心です。脂漏性角化症と確定した場合は、特に急いで治療をする必要はありません。どうしても目に付くところだから取りたい、ネックレスが引っかかって痛いと言う場合は治療をおすすめします。

この原因は何なのでしょう。老人性イボと言われることからわかるように、肌の老化が原因です。若い時に紫外線を多く浴びたりすると老化を早めるので脂漏性角化症が早い年代で発生する可能性があります。若い時から紫外線を浴び過ぎるとできやすい傾向にあります。紫外線は浴び過ぎないようにし、必ず紫外線対策をして外出するようにしましょう。その他の原因として考えられるのは、遺伝的なものもあります。家族に脂漏性角化症がたくさんできている人がいるなら、もしかしたら自分もなるかもしれないと考え、早い時点からの対策が必要でしょう。

脂漏性角化症の原因から考えると、紫外線は浴び過ぎると良くないことがわかります。昔は真っ黒に日焼けした子どもたちは元気があると言われたものですが、その頃に浴びた紫外線がある程度の年齢になった時に脂漏性角化症としてあらわれてくるのです。紫外線対策用品がたくさん発売されていますから、それらをうまく使うようにし、保湿もしっかり行って衰え知らずの肌になれば脂漏性角化症の予防にもなります。気候が暖かくなると保湿はおろそかになりがちですが、暑い時でもしっかり保湿を行うようにしましょう。

脂漏性角化症の治療方法

イボケアする女性
脂漏性角化症は、老人性疣贅や老人性イボと言われるものです。紫外線の影響や加齢による肌の老化が原因でできます。でき始めは、シミと間違うのですが表面がざらざらしているのと、イボのように盛り上がっているのでシミと区別できます。早い人では20歳代からでき始め、80歳代になるとほぼ全員にできているものです。

脂漏性角化症のイボは、ウイルス性のものとは違うので人に感染することはありません。ウイルス性とは全く違った原因です。しかし、見た目は同じようなイボのことがあるので、病院で診てもらうとどちらかはっきりします。脂漏性角化症と診断された場合、基本的には治療をする必要はありません。良性の腫瘍ですから放置していても大丈夫なのです。腫瘍と聞くと不安になるものですが、これに関しては悪性になることはありません。

治療が必要ないと言われても、目立つところだったり、着る物などが擦れて違和感があったりした場合は、切除してもらうことができます。病院で治療する方法は、たいていが液体窒素で凍結させてかさぶたにして取るか、炭酸ガスレーザーを使って削り取るものです。大きくなったものだと、外科的な治療(メスで切り取る)が行われますが、ごく稀です。病院で取る場合は、保険適用になるものとならないものがあります。液体窒素を使う場合は保険適用になることが多いのですが、炭酸ガスレーザーはほとんどが保険適用になりません。病院で切除する時は、費用についてもしっかり確認するようにしましょう。

放置していても大丈夫なものですが、放置しておけば数が増えたり、大きくなったりすることがあります。それを防ぐためにも、肌のケアは大切です。脂漏性角化症に効果があるとされているのが、ハトムギやアプリコットオイルです。これらを配合した肌ケア製品が発売されていますので、毎日の肌のお手入れに使うようにしましょう。また、体の中からイボを治していくために、ハトムギエキスを飲むのも効果的です。紫外線も原因の一つですから、紫外線を予防することも忘れないようにしてください。

ただし、自己判断での薬の使用には自己責任と十分な注意が必要です。首のイボ・ポツポツ・ザラザラ対策と薬の選び方が書いているサイトでも安易な使用は絶対禁止とあるようにいろいろ塗って試すのはオススメしません。

脂漏性角化症のいろんな症状

肌のきれいな女性
皮膚の良性腫瘍と言われる脂漏性角化症は、老化現象の一つだとされ、高齢者のほぼ全員にみられるものです。高齢者にできるものだと言われるものですが、早い人では20代でみられることもあり、紫外線を浴び過ぎて肌の老化が早くなっているような場合は若くてもできる可能性があります。年齢と共に増えていったり、大きくなったりするのが特徴です。

脂漏性角化症は、体のどの部分にもできる可能性があるものです。特に紫外線を受け続けたようなところにはできやすいです。顔や首の周り、胸元や背中、手の甲などには多くできます。老人性のシミと一緒にできていることが多く、全てシミだと勘違いしている場合もあります。大きさはそれほど大きくありません。だいたい1ミリから2ミリくらいのものがほとんどです。しかし、年々大きくなる傾向があります。形は円形や楕円形が多く、すべすべして平らなものやざらざらで少し盛り上がったものまであります。痛みはありませんが、ごく稀にかゆみを感じることがあります。色は皮膚の色とあまり変わらないものや、茶褐色、茶色、黒など様々です。そのため、シミかほくろか区別がつかないことがあります。

同じような症状で、日光角化症や悪性黒色腫というような良くない状態のものがあるので、急に大きくなったものや、形がいびつなものがあったら一度皮膚科で診てもらった方が安心です。脂漏性角化症であれば放置しておいても問題ないものですが、そうでない場合は早めに切除した方が良いからです。ただ、放置しておいて良いものであっても、見た目があまり良くないので何とかしたいと考えるでしょう。そんな場合におすすめのケア製品がありますので、使ってみましょう。

脂漏性角化症に良いとされるハトムギや、アプリコットオイルなどを配合した肌ケア製品があります。毎日のお手入れ時にイボが気になるところに塗るだけなので簡単です。薬品などではないので、気長に使っていかないと効果は実感できませんが、安全にイボのケアができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ